大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. 工事の請負等に係る収益の計上方法

工事の請負等に係る収益の計上方法

工事の請負等に係る収益の計上方法は目的物の引渡した日に収益計上することが原則です。

しかし、工期の長い工事の場合には売上が全く計上されない期間が生じてしまうため、収益の計上を平準化したいと考える場合には工事進行基準を選択しましょう。

(長期大規模工事に該当する場合には工事進行基準が強制適用されるため注意が必要です。)

【調査官の目線】

  • 節税に利用するというよりは決算書の見栄えをよくするために収益を早期計上していることになるため、税務リスクは高くありません。


【コンサルタントのつぶやき】

  • 工事進行基準と工事完成基準の選択は各工事ごとに選択できます。
  • 法人税と消費税で異なる基準を使っていてもOKです。

長村・木下と会うメルマガ登録