大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. 売上の収益認識には検収基準を採用すべし!!

売上の収益認識には検収基準を採用すべし!!

売上の収益認識基準はその事業内容に応じていくつかの方法の中から最も合理的である方法を選択することができます。

収益認識基準として検収基準を選択した場合には収益認識のタイミングが最も遅くなるため収益を繰り延べることが可能となります。特に卸売業の場合には検収基準を採用すべきでしょう。

【調査官の目線】

  • 収益の期ズレは税務調査で必ず確認されます。
  • きちん個々の取引についてエビデンスを残すようにしましょう。



【コンサルタントのつぶやき】

  • 収益認識基準の選択は税務署等への届出が不要であるため、会計処理に反映させて会社の意思を明らかにしておく必要があります。

長村・木下と会うメルマガ登録