大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. 節税ネタ

節税ネタ

税務上は資本金が1億円を超えるかどうかで大企業と中小企業に区分されます。

中小企業に該当する場合には、大企業と比較して税務上の優遇措置が設けられていることから、節税の観点からは資本金は1億円以下にしておくことがベターです。

続き

事業をやっていれば黒字の事業年度もあれば赤字の事業年度もあります。

税務上は赤字の事業年度の損失(以下「欠損金」といいます。)を7年間繰越して、黒字が生じた事業年度の所得と相殺できる制度があります。

(平成20年4月1日以後終了事業年度分の欠損金から9年間繰越ができるようになりました!!)

続き

期末に利益が出そうな場合には、従業員に決算賞与を支給することによって、法人税の節税を図りながら会社の士気を高めましょう。

また、一定の要件を満たしている場合には未払計上した事業年度の費用とすることができるため、決算締後の節税策としてよく用いられています。

続き
自家用車を仕事で使っているということがよくあります。
この車に関する諸経費(保険料・車検代etc.)を会社の経費にすることによって、節税することができます。
続き
法人税や住民税といった一部のものを除き、税金は納税した事業年度の損金の額に参入されます。

従って、債務の確定している税金は納税していなくても、その課されることとなった日を含む事業年度の損金の額に算入することが出来ます。


続き
平成25年の改正で所得拡大促進税制という税制が新たに適用されることとなりました。

所得拡大促進税制とは前年より多く給与等を支払った法人については、その増加額の10%相当額をその事業年度の法人税から控除できるというものです。

ここだけの話、この税制は新設法人であれば確実に適用を受けることが出来るんです!!
※見落とされがちなんで要注意!!

適用対象期間は平成25年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する事業年度となっています。

続き

会社設立前に営業活動等をしていた場合にかかった費用や取得した固定資産については会社の費用にすることができますのでご注意を!!

続き

シンジケートローンの組成に関する事務手数料(アレンジャーの案件組成に対する手数料)については税務上の繰延資産として取り扱い、シンジケートローンの返済期間に応じて償却を行うべきと書かれている書籍もありますが、一時の損金として処理することができます。


続き

「見本品」というとわかりづらいのですが、「サンプル商品」と言えば、うちにもある〜って方が結構多いのではないでしょうか。「サンプル商品」の税務上の取り扱いを整理しておくことで、余計な棚卸しをする必要がなくなるかもしれません。


続き
<<  <  2  3  4  >  >>
長村・木下と会うメルマガ登録