大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. 節税ネタ

節税ネタ

売上の収益認識基準はその事業内容に応じていくつかの方法の中から最も合理的である方法を選択することができます。

続き
 棚卸資産の評価方法について低価法を選択することによって、期中の時価下落による評価損を期末に取り込むことができます。

続き
印紙税は印紙税法に定められた課税文書に対し課税されます。
そこで極力、実際に書類が交付されない電子メールやFAXを使って印紙税を節税しましょう。
続き
仮払金が決算書の貸借対照表に残ったままになっているものをたまに見かけます。このような仮払金の残高は使途の内容が不明な出金や未精算の仮払旅費である場合がほとんどです。

仮払旅費や未精算の仮払金は、仮払金のままでは費用になりませんので、決算日までに使用しているものについては決算に織り込んで費用を少しでも多く計上しましょう

続き
減価償却資産を購入すると資金は流出しますが、それが減価償却を通じて費用化されるのは何年も先になります。しかし取得価額が少額である減価償却資産は要件を満たせば、すぐに費用化出来ます。
続き
 節税の基本とは、「できるだけたくさんの費用を計上する」ことです。

そのためには、期末現在未払状態の費用を洗い出し、会計上未払計上することによって、できるだけ利益が少なくなるようにします。

続き

工事の請負等に係る収益の計上方法は目的物の引渡した日に収益計上することが原則です。

続き

棚卸資産の取得価額とは資産の購入対価とその取得のため又は販売の用に供するために直接要した費用(付随費用)との合計額をいい、その取得価額は期末在庫の数量に応じて費用計上が翌期に繰り延べられます。

続き

連結納税制度とは何かを簡単にご説明すると、グループ全体の損益を通算することによってグループ単位で法人税を納税する制度です。

続き
<<  <  1  2  3  >  >>
長村・木下と会うメルマガ登録