大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. 代表社員 税理士 木下 陽介

代表社員 税理士 木下 陽介

代表社員 税理士 木下 陽介

最近はおかげさまでクライアントも増えてきて、いよいよ直接クライアントと向き合う時間の確保も大変になってきました。

個人的には、自分にしかできない仕事、自分を頼ってきてくれるクライアントの依頼をこちらがある意味「上から目線(笑)」でチョイスさせていただいて深いお付き合いをさせていただきたいと思っております。

もちろん法人としては色々なクライアント様の受け皿になれるように頑張ります。

今年の個人的なテーマは「自然体」です。

お互い無理なく、遠慮なく、すべてを語り合えるお付き合いを追い求めます!



出身地大阪市平野区
生年月日1982年4月3日
出身校大阪教育大学附属平野高校〜大阪市立大学
経歴大学2年生の秋ころから税理士受験としてはマイナーなLECで、しかもビデオ講義にて税理士試験の勉強を開始。

大学でボクシング部の主将をしていたので、クラブと専門学校を往復するような生活を送る。
大学3年時に簿記論と財務諸表論、大学4年時の試験で消費税法と相続税法を合格。
卒業した年の試験を終えてインターネットで就職活動開始。
最初に面接をしていただいた日本中央税理士法人の大阪本社に入社。
その後、大阪本社の東京本社からの分離にあわせて日本マネジメント税理士法人にうつる。
約7年間の勤務を通して、常に30〜40社の法人のお客様を中心に担当し、法人の税務・財務あるいは管理会計、経営分析などを日々行ってきました。業種的には医療・介護系のお客様の比重が高く、クリニックの開業から医療法人成りの支援、クリニックのM&Aなどの業務に従事。
その他、WEB、リアル両面での営業も任され、いろいろ研究しては実践した。

子供の頃はどんな子どもでしたか?

財布を首からぶら下げてお小遣いをもらっては数えていました。

お金を数えるのが大好きだった(笑)また、とにかくしゃべりでしたね。

「ちょっと一服しなさい。」と言われるくらいしゃべっていて、人を笑わせるのが快感でした。

 

なぜ税理士になったんですか?

うちは、親戚に医者やら歯医者やらが多く、小さなころから漠然と何か資格をもって将来は独立して働けるような仕事をしたいと考えていました。

父親は祖父の代から続く紡績関係の仕事をしていたのですが、知り合いの税理士の助言によって介護事業を始めたんです。

ちょうど繊維業なんかは厳しい時代になってきていた時だったと思いますので、その税理士さんのアドバイスも的確で父親も先見の明があったと思います。

そんなことも聞いていたので、当時まだ小学生くらいでしたが、何となく税理士という仕事に魅力を感じていたのだと思います。

 

税理士なっての挫折は?

前の職場はとにかくお客様に関することほぼ一人でこなさないといけなくて、あまり連携とか協力といったことがなかったので、完全に自分との戦いでした(笑)

そんな時しょっちゅう「自分て弱いな〜」と感じさせられました。

特に仕事と試験を両立させないといけなかったとき、2回法人税法の試験に落ちたのですが本当に心が折れそうになりました。

 

その挫折からどうやって復活しましたか?

やっぱりお客さんですね。

担当していたお客さんの社長さんがみんないい人で、励ましてくれていました。

がんばれっていいながら、飲みに連れて行ってくれる(笑)

酒を飲んだ帰りでも法人税法の理論集を読んでいたこともありました。

 

3度目の受験の時には子供もできていましたからそれは必死のぱっちで勉強して受かりました。

そのときの苦労があるから今は少々忙しくても、苦しくても心が折れなくなりました。

 

セルボクレールでの夢は?

大きな事務所にしたいという思いはずっと持っていました。

いまの最大手といわれる税理士法人さんと肩を並べたいなと。

 

今でもそれも思ってますけど、せっかくなら、他の事務所じゃやらないようなこと、できないようなことをして、「変わった」「おもしろい」事務所にしていきたいなと考えるようにもなってきました。

 

それで結果的に規模も大きくなれればいいですね。

自分自身も仕事を通してもっと立派な人間になりたいですし、一緒に働く人間皆が切磋琢磨して仕事の面でも人間的にも成長できる場にしたいなと思います。

 

  1. 本人が気づいていなさそうな癖は?

    わからんなあ・・・。強いて言えばいつも前のめりな所かなぁ。

  2. ここはかなわないという凄いところ

    大学でボクシング(真っ向勝負のファイタースタイル)をやっていたこともあり、粘りと忍耐力は人並みはずれたところがあります。

    また、クライアントのためなら、いい意味でなんでもやっちゃうところは正直凄いなと関心しています。

  3. 弱点は?

    あんまり多くは言えませんが、非常に涙もろいところです。(けど最近は見てないなぁ。大人になったんかな。)

    ホント根がいい奴なんでしょうね。

  4. 秘密をひとつ暴露してください。

    僕はなんでも隠し立てなくしゃべっちゃうので特に隠していることは今のところないですね。

  5. あなたにとって相手はどんな存在?

    自分にないものを兼ね備えている最高のパートナーだと思います。

    お互いの強みがバッティングしていないので、事務所としても非常に幅の広いサービスが提供できると思います。

 

長村から見た木下

長村・木下と会うメルマガ登録