大阪(大阪府・大阪市)の税理士事務所|税理士法人セルボ・クレール 大阪事務所
info@cerveau-creer.com
大阪府大阪市北区西天満1-1-11 レーベルビル4F
  1. これまで払い過ぎだったの?倉庫業の会社で20年分の固定資産税の還付に成功!

これまで払い過ぎだったの?倉庫業の会社で20年分の固定資産税の還付に成功!

これまで払い過ぎだったの?倉庫業の会社で20年分の固定資産税の還付に成功!

ゲキアツ

固定資産税が高すぎるとのクライアントの訴えをいただき詳細に調査、固定資産税の課税明細書をみると「冷凍倉庫」ではなく「倉庫」として評価されていた・・・

これは明らかに固定資産税の評価ミス。

市側もミスを認め過去20年分の固定資産税の還付に成功した・・・といお話。

状況

クライアント:倉庫業を営む企業 社長F氏

固定資産税が高くて何とかならないかという相談を受ける。

倉庫は、設定温度が-50℃のものもあれば-2℃のものもあり、それは外から見るだけでは区別がつかない。

クライアントの倉庫は-30℃〜-40℃くらいとのことだが、固定資産税の課税明細書をみると「冷凍倉庫」ではなく「倉庫」として評価されていた!

 

木下木下

社長!

固定資産税の評価間違っているっぽいですよ!

 

F社長F社長

ほんまに!

でも・・・なんぼなんでも市が評価を間違えへんやろ・・・

 

木下木下

いやいや、市の方だからミスをするんです。

この倉庫の固定資産評価をいつ受けたか社長は御存知ですか?

 

F社長F社長

いや・・・知らなんなあ・・・

 

木下木下

でしょ?市役所の現況調査って形式的で簡単なものなんですよ。

そして普通の倉庫だと判断して固定資産税の評価を行った。

 

F社長F社長

まあ、そうやろな・・・でも倉庫で正しいやんか。

何が評価ミスなんや?

 

木下木下

家屋の固定資産税評価額は用途によって「経年減点補正」という考え方で、時間が経過すれば課税額が安くなるようになっているんです。

古くなると評価が下がるので税金も下がる・・・ということです。

 

木下社長のところの倉庫は倉庫でも「冷凍倉庫」ですよね。

冷凍倉庫は一般倉庫に比べて損耗が激しいために、減ずる点数が高く設定されているんです。

たとえば、5年経過段階で冷凍倉庫の方が、同じような施設の一般倉庫よりは課税額は低くなります。

 

経年限定補正率の最低限(0.2)に至るまでの年数 ここをチェック
家屋の構造 一般倉庫 冷蔵倉庫
鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造 45年 26年
煉瓦造、コンクリートブロック造及び石造 40年 24年
鉄骨造(骨格材の肉厚が4mmを超えるもの) 35年 22年
鉄骨造(骨格材の肉厚が3mmを超え、4mm以下のもの) 26年 16年
鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm以下のもの) 18年 13年

一般の倉庫と冷蔵倉庫では、評価の下がるスピードがこんなに違います!!

 

F社長F社長

ええー、そしたらウチは固定資産税、取られ過ぎてたってことかいな!

 

木下木下

そうなんですよ。しかも、そもそも倉庫業法には、冷蔵倉庫はありますが冷凍倉庫というものがないんです。

つまり、何をもって固定資産税評価上の冷凍倉庫にあたるのかは曖昧なんです。

固定資産税評価ではよくあることなのですが、結局は各自治体の判断に委ねられているということなんです。

 

F社長F社長

そしたら、もうちょっと調べて市役所に文句言ったろか!

 

その後

本来還付可能期間は5年間だが、市側がミスを認め国家賠償法の適用期間である20年分の固定資産税の還付を受けることができました。

 

今回のポイント

  • 非木造家屋の固定資産税評価額の計算は非常に複雑であるため、間違っている可能性が高い。
  • 総務省が行った平成21年度、平成22年度及び平成23年度における土地・家屋に係る固定資産税及び都市計画税に関する各市町村の課税誤り等による税額修正数等の調査によると、調査回答団体のうち97%以上もの自治体で課税誤りがあったことが報告されています。
長村・木下と会うメルマガ登録